外壁塗装で外さないための必勝法!

現在、物の溢れている時代、物に困ることはあまりないですよね。 常に使う日用雑貨などは近くのスーパー・ドラックストア・100円ショップで 全て揃ってしまう便利な時代です。
100ショップならまた買えばよいと大多数の人が思うはずです。
必要度の低い物、重要度の低い物なら100円ショップで十分だからです。

ですが私も含め99%の人が必要度の高い物、重要度の高い物、欲しい物、良い物を全部買えることはありません。
限られたお金の中から必要な物を選び、価格と質のバランスを考え物を 買っているのではないでしょうか。

価値の低いと感じる物にお金を多く使う人はいないですよね。
仮にフェイスタオルは何でもいいと思っている方なら、100円ショップで買い
肌触り→どうでもいい
吸収力→拭ければいい
糸のほずれ→別に平気
色褪せ→早かれ遅かれ色褪せするでしょ
と思うはずです。

フェイスタオルは良い物を使いたいと思っている方なら、1枚1000~2000円のお金を使い
肌触り→ふわふわで気持ちいい
吸収力→濡れ感が少ない 
糸のほずれ→ほずれにくいので長持ち
色褪せ→長い間キレイなタオルで見た目も良い
を実感したくて購入しているのでは。

では、外壁塗装ではどうでしょうか?
生活の中心である移住場所は、生きていくために欠かせないトップ3の1つです。
移住場所を良い状態・環境で長持ちさせること を目的として、あなたも塗装工事を考え検討しておられるのではないでしょうか。
ということは適当にやっといて、何となく見た目が良ければいいから などと思って工事を依頼する人は、いるわけがありません。
失敗したくない、丁寧な塗装をしてくれる塗装店に頼みたい、 結果に満足したいという思いからその可能性が高そうな 塗装店を探そうとしているはずです。
お家を外壁・屋根・その他全て塗装したら100万円以上掛かる工事になります。
失敗はしたくない、後悔はしたくない、は誰もが思う気持ちです。
塗装工事、高額な商品になるため慎重にもなります。
だからこそ価格に見合った質、それ以上の質が重要になります!
塗装工事の場合でも、価格と質のバランスがともなってなければ大失敗になります。
100%人による手作業なので終わってみなければわかりません。
塗装工事では工事前に、見ることができない・お試しできない・チェックできない など不明な点が多いので厄介です。質の良し悪しにも大きく差を生む大きな原因になります。

1 見ることができない 他の商品と違い(家電・家具・車等)塗装工事は契約前に見ることが出来ません。
他の工事現場を見ることが出来たとしても、一部を見た位ではわかりません。
2 お試しができない よくある

今ならカキエキスたっぷりの○○を20粒2000円分を無料お試しキャンペーン
あなたの肌艶が10歳若返る○○エステリフレッシュ30分コースお試しキャンペーン
○○居酒屋オープン、生ビール一杯無料(他のメニューを注文した方に限ります)

などのお試しは塗装工事の場合、一切できないのです。
仮に お問い合せを頂いた方限定・一か所塗装無料お試し ※1㎡以内 等を行った所で残念ながら良し悪しはわかりません。
良し悪し分かり、判断基準になるのなら私もやっています。
3 チェックできない 作業中にずっと見ている分けにはいきませんし、 見てたとしてもよくわからないのが現状です。
専門職の人でなければポイントを理解できないからです。

ではどこで判断したら良いの?

失敗しないために、いくつか判断基準を説明します。
1 会社の創業年数を調べる 何年塗装業を行っているかは大事なことです。
どの職種も会社を作っては潰れるを繰り返しています。
会社の大・小に関わらず塗装店でも同じことが言えます。
事実、国税庁の統計情報(2010年発表)によると、
設立5年以内に倒産する会社が85%、
設立10年以内に倒産する会社が93.7%。
10年以上続いているということも1つの判断材料になります。
2 お客様の声などのアンケートを見る 現在では多くの塗装店でアンケートを載せているので その塗装店で塗装を行った方の率直な感想が聞けます。
ここでの注意点は何らかの目的に伴い、何となく書いたアンケート ではなく、
本当に気持ちを込めて頂き、時間を使って頂き、 ありがとうを伝えようとしてくれている文章です。
3 適格なアドバイス 適格なアドバイスとはなにか、
それはあなたのお家を守ることに 特化した、それ以外でも以下でもないアドバイスです。
例えば外壁の痛みもひどく、ひび割れも多く、剥がれもある場合に
担当1 あまりよく分からないので通常の3回塗りを提案する。
担当2 下塗りを強化すると見積り金額上がるので、工事出来なくなる と判断して通常の3回塗りを進める。
担当3 通常の三回塗りでは保護できないと判断し、下地材を 1回多くし密着性を強化することを進める。
通常は下塗り→中塗り→上塗り→通常の金額 1回多く塗ると 下塗り1→下塗り2→中塗り→上塗り→1回多いので金額上がる 担当3の判断では、塗装工事の金額は上がり、その場あなたの負担は増えますが 5年後、10年後を考えたら1~3どれが正しい判断でしょうか。
下地強化を行わなかったことにより、塗装後1年で塗膜が剥がれたり ひび割れも完全に埋まってなく雨漏りを起こすこともあります。
そうなったとき、損をするのはあなたです。
そもそも適格なアドバイスもできずに、良い仕事を出来る分けありません。
4 本当にあなた目線か・熱を感じるか 3を少し細かく説明すると
私も含め、お見積りをする担当者は我が家と思い 判断しなければいけないのです。
我が家に妥協や、必要ない工事をするひとはいないです。
必要な工事と、必要のない工事を分けて説明できることも 判断のポイントです。
その提案通りに作業を行うことで、最終的には あなたにメリットをもたらすのです。
そして、この家は私たちが守るんだという思いがあれば 自然と熱も入り、伝わります。
5 最後はあなたの直感です。 塗装工事では見て納得、体験して納得、品質の良さに納得 など自前に確認することはできません。
したがって限られた情報に基づき、判断をすることになります。
人は裏付けされた断固たる証拠がない限り、基本物事を直感で 決めることがほとんどです。
英国の研究チームによる調査では 直感を信じないで行動したときと、感じたまま直感を信じ行動したときでは 直感を信じ行動した結果の方が、明らかに上手くいくことが多いそうです。
始めから何故かピンときた場合や、ずば抜けた決め手がない場合は、 直感を信じ塗装店を決めることは、良いことではないでしょうか。

そして最終的には
あなたの研ぎ澄まされた感性で
あなたの優れた観察力・洞察力で
あなたの自信ある決断力で
今後、行われるであろう塗装工事を良い結果へと
導いていくことでしょう。



最後に
一塗装店、大谷のお話を聞いて頂き、ありがとうございます。
少しでもあなたのお役に立てればと思っております。

大切な家を守るために
施工技術・適切な対応にこだわり続けます。
それが実現可能なのは丁寧かつ徹底した
作業・マナー・気配りの出来る自社職人がいる事。
今後もお客様に満足して頂けるようその努力は惜しみません。

自社施工・自社職人
20年間ずっと続けてきた一番のこだわり
安心の7~10年保証
工事完了後は7~10年間の保証書を発行させて頂きます。
無料診断
一級塗装技能士が、お客様のお住まいを無料診断させて頂きます。