横浜市・川崎市の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、日本塗装工業会会員 / 神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > 新着情報 > 代表大谷ブログ > 色選び、色もいろいろ、感じ方も色々………

色選び、色もいろいろ、感じ方も色々………

2019-11-13

マイスターホーム 大谷です。

 

先日、塗装工事を完了した横浜市青葉区のY様邸は

塗装前の色、新築時に近い色で塗装を行いました。

凄くお家に合っていると私は思っています。

Y様も前と同じで良かったと言って頂きました。

 

 

前と同じ、または近い色はある程度イメージしやすいです。

その為思った通りの仕上がりになることも多いです、

そして丁寧に塗装作業をしてくれた、色もイメージ通りに

なって良かった、満足と言って頂けます。

この流れがマイスターホームの目指す流れになります。

 

この流れを作るのに注意をしなければいけないのは、最終的に喜んで頂けるには、

お家の方が選んだ色が大きく左右することを長年の経験から学びました。

つまりしっかり外壁や屋根の補修を行い、塗装をして安心出来るお家の保護を

行っても最後の色この色で良かったイメージ通り、またはイメージに近い色

と思って頂けないと、満足できないこともあります。

 

ご依頼して頂いた方には喜んで頂きたいと私は常に思っています。その為に

色のご相談も私なりのアドバイスやサポートをしているつもりです。

 

ただ、色は人それぞれ好みも違うし感じ方も違います。

 

では桃色と言われてあなたはどちらをイメージされますか?

 

薄い桃色               濃い桃色

 

 

心理テストではありません笑

 

私はどちらかと言えば左側をイメージします、右側をイメージする方も要れば

左、右の中間色をイメージする方もいます、もっと熟した赤い色をイメージする

方もいるでしょう。

 

このように色の認識や感じ方、好きな色、好きな濃さや明るさも人により

異なります。外壁の場合は面積も大きいので上写真の左、右の桃色違いが

塗装工事完了後に、あなたの中で大きく影響する場合もあります。

 

 

話を戻し、先にお話したように現状に近い色に塗装

白色から→白色っぽい色 クリーム色から→クリームまたはアイボリー色

グレー色から→グレーまたはブルーグレー色 茶色から→茶色系または赤茶色

などの場合、塗装前の色と大きく変わりなく、新しくキレイになるのでイメージ

通り、イメージに近い仕上がりと感じることでしょう。

 

 

色で特に注意しなければいけないのは大まかに現在の外壁色から反対色にする

場合などです。仮に

 

1 現在白色だけど、汚れも目立つし見飽きたのでここは思い切ってオレンジ系の

色にしよう!

 

2 うちはクリーム色だけど、私は南国の青々とした海の色が好きだから

海の色に近いブルーにしよう!

 

3 前回の塗装では汚れの目立たない茶色にして、落ち着いた色で良いんだけど

家全体が周りに比べ暗い気がする、よし次は明るめのグレーにしよう!

 

などなど他にも色々とお考えの方も多いかと、

現在の外壁と大きく違う色を選ぶ場合、あなたの中で失敗をしないように

慎重に色選びをしてください。その為には近隣にお好み色と似た色の家はないか、

通勤や散歩ついでに意識して周りの家を見てみるなどして見ることも大事です。

外壁全体で色の感じや濃さなども自分の家に当てはめることが出来るので

イメージしやすくなります。

 

 

先日、塗装工事を完了したY様のように、全ての方にご自身で選択した外壁色を満足して頂きたい、

同じ塗料でも、どんな色であれ、ご依頼して頂いた方やご家族に気に入って頂ける色を塗装

出来る方が私たちも嬉しいです。その為に出来る範囲でのアドバイスはさせて頂きます。

 

 

 

P.S

色選びはこだわればイメージとマッチングさせることは難しいこともあります。

限られた種類の色から選択するので妥協することもあります、その中で

出来る限りイメージに近い色を選んで頂きたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2019 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.