横浜市・川崎市の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > 社長ブログ > 不安にさせて~の叩き売り……

不安にさせて~の叩き売り……

マイスターホーム 大谷です。

先日、東京都世田谷区の方から

(築7年ですがサイディング壁の目地シーリングを交換必要か
見てほしい、必要ならば外壁塗装も考えたい。)

とお問い合わせを頂きました、お伺いし確認してみると
目地シーリング、少しだけ痩せているレベルでした。
外壁に関してもまだ塗装する必要はありません。

※築7年だから必ず大丈夫というわけではありません。

ご主人にお話を伺ったところ、2年前に屋上防水をした業者に

外壁のシーリング交換(打ち替え)しないとダメですよ、
だいぶ傷んでいますよ、外壁も一緒に塗装した方がいいですよ、
7月前半に工事をさせてくれれば安くしますよ。
と言われたのです。

出ました、不安にさせてからの叩き売り

私の確認では、シーリングはまだ交換する必要はないし
外壁も塗装時期ではないです。

シーリング、交換時期ではないのに交換を進め
すぐに工事させてくれればお安くしますという。

こういった業者に工事を任せた場合、アウトなのは
間違いないですが、そもそも家を大事に考えている
人たちをバカにしてます。

質の良い商品、効果を提供しようともせずお金だけもらおうとする。

安くすれば、誰もが喜んで飛びつくと考えている。

大事の物、長持ちする物、質の良い物にはお金を掛け、叩き売りに
なびかない、信用しない人達がいることを知らない、もしくは悪用する。

など上げればきりがないです。

今さらですが、ご注意ください。

 

P.S

ご主人には、シーリング工事も現時点では必要ないので

2年後にまたご連絡して下さい、と名刺を渡して帰りました。

ご主人安心して頂き、笑顔で2年後に必ず連絡します、と言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2018 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.