HOME > モルタル外壁 施工の流れ

モルタル外壁 施工の流れ

モルタル外壁

①仮設足場

仮設足場

建物の形もお家により異なるので、お家に合わせた安全で作業性の良い仮設足場を設置します。

②外壁 高圧洗浄

外壁の高圧洗浄

高圧洗浄は後の塗装に影響します。

高圧洗浄の目的は汚れを落とすことです、汚れやカビの多い場所は念入りに洗い流すことが大事です。後に塗装する際、塗膜の密着に大きく影響します。詳しい説明は記事「高圧洗浄の必要性」をご覧ください。

③開口部 高圧洗浄

開口部 高圧洗浄

足場を設置していないと掃除の出来ない窓等も高圧洗浄でキレイにします。

④バルコニー床 高圧洗浄

バルコニー床の高圧洗浄

床は砂ホコリ等も溜まりやすく汚れていることも多い場所になります。排水箇所も念入りに洗浄を行います。

⑤ガレージ床 高圧洗浄

ガレージ床 高圧洗浄

お家の床も高圧洗浄を実行しています。塗装する場所ではないですが、出来る範囲で汚れを落とすことを心掛けています。高圧洗浄のまとめ↓

外壁塗装をする前には行う高圧洗浄、ただ洗い流すだけで意味は有りません。カビやしつこい汚れを落とすことで、新しい塗膜の性能を発揮することができます。結果、密着性を高め外壁の長持ちに繋がります。

⑥養生 お役立ち記事はこちら

養生

養生で外壁以外を汚さないように

外壁塗料を塗らない箇所にはテープやビニールによる養生作業を行います。

詳しくは記事「たかが養生、されど養生」をご覧ください。

⑦養生 下準備をしっかり行い

養生

細かな所も丁寧に・汚さないことを意識して、もしかしたら飛散するかも知れない場所まで養生を行うことです。

⑧養生 下準備に時間を掛けます

養生

お隣と隣接している場合などは足場のメッシュシートだけでは養生も不十分なため、ブルーシートを張り飛散を防ぐことが必要です。養生作業をしっかり行い塗装しない箇所は汚さないことを徹底しています。テープやビニールなどは剥してしまえばゴミになります、一見大した作業ではないように見える養生作業を丁寧に多く行うことで塗装しない場所を汚すこともなくなります。

外壁ひび割れ 0.3~0.5㎜

外壁にひび割れがある場合にはまず太さを確認します。髪の毛位のひび割れなら下塗り塗料で埋まってしまいますが0.3~0.5㎜位のひび割れは塗料を3回塗りしても埋まりません。

外壁ひび割れ 擦り込み補修

0.3~0.5㎜位のひび割れには、シーリングを注入してウエスやハケなどで擦り込みを行います。擦り込む際に周りの凸凹をぼかすようにすることがポイントです。

外壁ひび割れ 擦り込み補修後

シーリング材を擦り込んだことにより、周りの凸凹をそのまま残すことができます。こうすることにより仕上がり時に補修線を残さず見栄えも良くなります。

外壁ひび割れ 0.5mm以上 

太いひび割れ0.5㎜以上の場合はシーリング材で埋めるだけでは不十分になります。またすぐにひび割れてしまう可能性があります。

グラインダーにするひび割れ除去

0.5㎜以上の太いひび割れは、ひび割れ自体を削りなくしてしまいます。

プライマー塗布

削った場所のホコリを取り、プライマー(密着剤)を塗布します。

シーリング材 充てん

つぎにシーリング材を充てんします。

左官補修

そして樹脂モルタル等で表面を補修します。

Uカットシール充てん工法 完了

このまま塗装した場合には、補修箇所が線になりそのまま残ってしまいます。補修線を無くすため最後に肌合わせ、補修吹きを行い完了になります。

外壁浮き・割れ箇所 1

外壁の塗膜が剥がれてます、このような状況になる原因は主に密着不良が考えられます。

外壁浮き・割れ箇所 2

浮いて割れている所から雨水は常に浸透していることになり外壁を痛めてしまいます。

外壁浮き・割れ箇所 下地処理

大事なのはケレン作業になります、浮いて剥がれている箇所を全て取り除くことです。

外壁浮き・剥がれ 下地処理後

ケレン作業で全て除去しないと塗装をしてもまた剥がれてしまいます。

外壁浮き・剥がれ 浸透止め

外壁の下地が傷んでいる場合には3回塗りでは不十分です、激しい吸い込みで密着不良を起こすことがあります、そのため下塗りを2回塗りにして1回目の下塗りで浸透性シーラーを塗装します。

外壁浮き・剥がれ

浸透性シーラーを塗布したことにより吸い込みも収まり密着性も高まります。そのあとに通常3回塗りで使用するフィーラーを下塗り2回目で塗装します。

外壁爆裂左官補修

外壁爆裂箇所

外壁爆裂左官補修

爆裂箇所撤去

外壁爆裂左官補修

爆裂部分撤去後

外壁爆裂左官補修

仮の説明文仮の説明文

外壁爆裂左官補修

外壁肌合わせ・補修吹き

外壁爆裂左官補修

補修吹き後

⑨外壁塗装 下塗り

下塗り

外壁塗装(モルタル)で塗る量は

外壁がモルタルの場合、下塗りをたっぷり塗装して外壁の中に吸い込んでしまう浸透を出来るだけ止めることに重点をおきます。特に写真の外壁のような凸凹の多い壁には塗料を何缶使っても多く塗ることはとても重要になります。多く塗ることにより後に塗装する塗膜との密着性を高めることに繋がります。得に傷みや浸透の激しい外壁には下塗りを2回塗ることが必要になります。

⑩外壁塗装 下塗り

下塗り

下塗りのフィーラーは白色です。希釈率を守り塗装することにより乾いたときに白色でなければいけません。下塗り後に薄いカルピスのような色をしている場合はもう一度下塗りを行うことが必要になります。

⑩外壁塗装 下塗り

外壁塗装 凸凹壁はたっぷり下塗りしなければ……【外壁塗装マイスターホーム】東京都

外壁塗装凸凹壁はたっぷり下塗りしなければ

⑪外壁塗装 中塗り

中塗り

下塗りをしっかり塗ってもまだ外壁は少し浸透をします。従って中塗りもたっぷり塗装を行います。詳しくは記事「中塗りの色を変える注意点は」をご覧ください。

⑫外壁塗装 上塗り

上塗り

上塗りも同じくダレないようにたっぷり塗装をします。結局全てたっぷり塗装になりますが凸凹の激しい外壁で生きた塗膜を作るには下塗り~上塗りまでたっぷり塗装しなければ塗料の性能を生かすことはできません。

⑬外壁塗装 上塗り

上塗り

塗料は乾くと濃くなり本来の色になります。

⑭外壁塗装 上塗り

上塗り

中塗り後と上塗り直後では色の違いがはっきりと分かります。(薄い色だと分かりづらい場合有り)

⑮外壁、開口部取り合い、見切り直し

外壁、開口部取り合い、見切り直し後取り合いの線をまっすぐきれいにするために テープを貼り塗装します

⑯エアコンホース・バンド劣化部

エアコンホース劣化している箇所 ホースを新しく巻き開口部分を塞ぎます

⑰水拭き掃除

外壁塗装工事後 水拭き掃除を行います。

 

 

⑱1件での仕様塗料缶

1件での仕様塗料缶

使う塗料缶を確認出来る

私たちマイスターホームでは塗装物件ごとにお家の外壁に塗装する塗料缶を確認して頂くことや写真に残しています。そのお宅の外壁㎡による3回塗りに必要な量の塗料缶です。在宅ならば丁寧に3回塗りしていることが分かり、お留守でも写真で分かるようにしています。

⑲外壁塗装工事 完了

外壁塗装工事 完了

 

まとめ

この記事では大まかに外壁塗装(モルタル壁)の流れをご説明しています、高圧洗浄から始まり塗装、最終確認までどの作業工程も重要な作業になり、1つの作業が手薄になると、外壁塗装全ての作業に大きく影響してきます。それだけに何が重要で何はそこそこで良いということにはなりません。1つ1つの塗装作業を大切に行うことにより結果、長持ちする外壁、キレイな外壁に仕上げることを可能にします。

他にも外壁にひび割れがあれば塗装前に補修を行うことや、傷みの激しい外壁は下塗りを2回塗りすることも行っています。宜しければ他のお役立ち記事をご覧ください。



Copyright © 2021 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.