HOME > お役立ち記事 > その他 > 軒天・破風板も塗装が必要です!美しく仕上げるポイントは?

軒天・破風板も塗装が必要です!美しく仕上げるポイントは?

おうちの塗装をするとき、塗るのは外壁や屋根だけではありません。今回は付帯部の塗装のうち、軒天や破風板について見ていきましょう。

 

軒天・破風板とは?

 

軒天とは、外壁の外側へ伸びている屋根の裏側の部分のことです。軒天がないと、下から覗いたときに屋根の素材が丸見えになってしまうので、見栄えが悪くなります。

 

破風板とは、屋根と外壁の間にある板のこと。普段は気にすることが少ないかと思いますが、おうちの側面から見ることができます。破風(はふ)という名前のとおり、風や雨水を防ぐための部材です。

 

軒天・破風板にも塗装が必要です!

軒天や破風板の素材はさまざま。古い住宅であれば軒天にべニア板が張ってあったり、最近だとケイカル板という合成建材が多かったりします。破風板も昔は木材が多く使われていましたが、最近は金属系や窯業系も多いです。

 

木材でも金属でも窯業系でも、紫外線や雨で劣化してくるので、定期的な塗装が必要です。軒天や破風板自体がボロボロになってしまったり、雨漏りしたりするリスクを抑えます。

 

また軒天や破風板がキレイになると、おうちの見た目としても美しくなります。屋根の色になじませたり、色を変えてアクセントにしたり。全体のバランスを見ながら色を選ぶと、より素敵になりますよ。

 

 

 

軒天・破風板の塗装のポイント

外壁や屋根と同じように、軒天・破風板もただ色を着ければよいというわけではありません。下地調整をしっかりしてから塗装することで、キレイで長持ちします。

 

【ポイント1】塗装前のケレン作業

こちらは塗装前にケレン作業を行っているようすです。サンドペーパー等でこすって、旧塗膜やたまっているホコリなどを取り除いてキレイな状態にします。表面をザラザラにすることで、塗料と密着しやすくするという目的もあります。

 

【ポイント2】隙間をシーリングで埋める

軒天や破風板のジョイント部を、シーリングでしっかり埋めることも大切です。つなぎ目から雨が入って劣化することを防ぎます。ここのシーリングも紫外線などで劣化するので、定期的に補修をしましょう。

 

軒天のシーリングも補修します。紫外線や雨が当たりにくい場所なので劣化は軽度なことが多いですが、せっかく足場を設置して工事をするなら、ここのシーリングもしっかり手を入れていきましょう。

 

【ポイント3】ひび割れもシーリングで補修を

このように材料自体にひび割れが見られる場合もあります。しっかり劣化箇所をみきわめて、シーリングで補修していきましょう。

 

【ポイント4】素材に合わせた塗料で塗る

下地調整が終わったら、塗料を塗ります。軒天と破風板の素材は木材や金属、窯業系など色々とありますので、素材に合わせた塗料を選びます。

 

 

【ポイント5】劣化がひどければ交換を

こちらのお宅では軒天のべニア板が腐食していたため、新しいものに交換しました。このように劣化がひどい場合は、交換後に塗装を行います。

 

付帯部までしっかりとメンテナンスを!

軒天や破風板をはじめとする付帯部は、紫外線や雨などで劣化していきます。新しい物に交換すると費用も高めになりますので、定期的なメンテナンスを。外壁・屋根塗装と同じタイミングで付帯部のメンテナンスもされると効率がよいですよ。

 

おうちのメンテナンスを業者に頼むとき、「外壁と屋根がとりあえず塗られていればいいや」と費用の安さだけで判断されるのは危険。つなぎ目のシーリングや、表面のケレン作業など、地味な下準備こそていねいに行うことで、確実にキレイな状態が長持ちします。

Copyright © 2021 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.