HOME > お役立ち記事 > 外壁塗装 > 外壁塗装を成功させる!腕の良い職人の見分け方

外壁塗装を成功させる!腕の良い職人の見分け方

外壁塗装を依頼する業者選びについて、不安を感じている方は少なくないかと思います。「悪質な業者がいるのでは?」「どんな業者を選べば失敗がないの?」と迷われている方もいらっしゃいますよね。今回は外壁塗装を依頼する業者の種類や、良い職人の条件や見分け方について解説したいと思います。

 

外壁塗装を依頼する業者は主に2パターン

みなさんはどんな会社に外壁塗装を依頼されるでしょうか?塗装を依頼する業者には、大きく分けて「ハウスメーカー・塗装専門業者」の2パターンがあります。

【1】ハウスメーカー

1つ目が、家を建てたハウスメーカーに塗装も依頼するというパターン。誰でも知っているハウスメーカーであれば、大きな組織なので何かあったときにも安心ですよね。また「どこの業者に頼んだらいいかわからないから…」と、なんとなく新築時の業者にそのまま頼んでいるという方も多いかと思います。

 

しかし多くの方が想像されているように、ハウスメーカーに頼むと塗装の費用が高くなりがち。モデルハウス建設やテレビCMなどで莫大な経費がかかっているので、当然といえば当然です。「安心」にお金を払いたいという方はよいかもしれませんが、「価格の分だけ品質が高いか?」というと疑問が残るところです。

【2】塗装専門業者

そして2つ目の方法が、弊社のような塗装専門の業者に依頼されるパターンです。塗装専門なので、お客様の要望に合わせてさまざまな塗料をご提案できます。また、ハウスメーカーのように莫大な広告費もかかっていないので、「塗装工事をするなら塗装専門店に」というのがベストな選択になるでしょう。

 

ただし安ければ安いほど良いのかというと、そういうわけではありませんよね。美容室によって「カットの上手い・下手」があるのと同じように、塗装専門店にも「塗装の上手い・下手」があります。腕の良い職人がいて、信頼できる業者を選べるかどうかが、塗装の成功を左右する大切なポイントになります。

 

外壁塗装のプロが考える「腕の良い職人」の条件

では「腕の良い職人」とはどのような職人のことをいうのでしょうか?ペンキが上手に塗れればそれでいいかというと、条件はそれだけではありません。

腕の良い職人=バランスの良さ

私が考える「腕の良い職人」の条件として欠かせないのが「気持ち・技術力・マナー・気配り・対応」です。常に作業を完璧にできる人間というのはまずいませんので、トータルのバランスの良さが大切になってくるのです。

 

例えば「塗装は3回塗りが基本」というのを聞いたことがある方も多いかと思います。しかしお家の状態によっては、3回塗るだけではキレイに仕上がらないこともあります。

 

そんなときに「3回塗ったからいいや」で終わらせる職人なのか?それとも「この箇所は仕上がりがよくないのでもう1回塗ろう」と思える職人なのか?そういった気持ちや対応力でも、塗装の仕上がりは大きく変わってくるのです。

腕の良さは経験年数とは無関係

こういった気持ちのこもった柔軟な対応は、経験年数を重ねたからといって、できるようになるものではありません。塗装の経験を30年、40年と積んでも、こういった対応をできない職人は大勢いらっしゃいます。

 

逆に10年の経験でも、早くキレイで丁寧に塗装を行う職人はいます。腕の良い職人かどうかは、経験年数では測れないのです。

 

腕の良い塗装業者は見極められる?

塗装工事は高額な買い物ですが、購入前に「完成した物」を見ることができません。担当者や営業マンがどれだけ良いことを言っていたとしても、本当に質の高い工事ができるとは限らないのです。

 

営業トークで「3回塗りなので安心」と言われたのに、実際には3回塗っていないというのはいまだに定番。他にも「最高級塗料です(なぜ言い切れるのか?)」「光触媒塗料なので汚れません(汚れない塗料は存在しません)」など、契約をとりたいがためにオーバーなことを言う営業マンの話をあちこちで耳にします。

 

私の経験からいっても、ホームページやチラシの通りに塗装工事を行っている会社は「全体の1割程度」と非常に少ないです。訪問販売の会社は論外として、広告にどれだけ良いことが書いてあっても「安く下請け会社に仕事をさせている会社」には、残念ながら丁寧な仕事はできません。

 

 

そのため塗装工事を契約する前に、不安に思っていることや疑問点を聞いてみて、安心できる業者を選ぶことが大切です。見積書や工事の内容、アフターサービスや保証など、詳しく聞いてみましょう。

 

私たち塗装業者は現地調査やお客様へのヒアリングを行ったうえで「どのような工事が必要か?」「外壁の種類や劣化状況に合う塗料は?」などを判断しています。工事内容にも塗料選びにも理由があるはずなので、詳しく話を聞いて、安心して任せられそうか判断してみてください。

Copyright © 2021 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.