HOME > お役立ち記事 > 外壁塗装 > あなたはどれにする?外壁サイディング4つの塗装方法

あなたはどれにする?外壁サイディング4つの塗装方法

最もポピュラーな外壁材の一つであるサイディング。実際に弊社で塗装工事させていただくお家のなかでも、外壁サイディングが約半分を占めています。

サイディングの塗装について意外と知られていないのが、塗装方法にいくつか種類があるということ。スタンダードなのは一色の塗料でベタ塗りする方法ですが、サイディングの意匠を活かすような塗装方法もあります。

 

今回は代表的な4つの塗装方法についてまとめました。

 

【1】単色塗装

外壁サイディングの塗装で最も多く選ばれているのが、一色の塗料で全体を塗る方法。当社ではサイディング外壁の塗装のうち、約8割のお客様が単色塗装を選ばれます。とくに色褪せ、汚れ、雨だれ、ひび割れが多い場合は、単色塗装を選ぶことが多いです。

単色で塗ると、サイディング自体についていた柄は消えてしまいます。みなさん最初は違和感があるようですが、塗装から一週間もすれば見慣れてくるとおっしゃる方が多いです。

 

【2】クリアコーティング塗装

最近は本物の石やタイルに見えるような、デザイン性の高いサイディングも多いですよね。しかし一色の塗料でベタ塗りすると、せっかくの意匠性が失われてしまいます。そこで無色透明の塗料を用いて、サイディングの柄や風合いをそのまま活かせるのがクリアコーティング塗装です。

現在のサイディングの雰囲気を損なわずに、防水性は取り戻せるクリアコーティング塗装。しかし注意点もあって、条件が揃わなければ採用できません。条件というのは、色褪せやひび割れなどの劣化が少ないこと。多少の色褪せならクリア塗料でも目立たなくなりますが、色褪せが激しいと仕上がりが悪くなってしまいます。そのため目安として新築から10年以内、ベストとしては7〜8年くらいまでに塗装されるのがおすすめです。

【3】目地出し塗装

タイル風サイディングの場合、このように凹凸をつけてタイルと目地が再現されています。一色でベタ塗りすることもできますが、目地部分とタイル部分の色を分けて塗ることで、より本物のタイルに近い雰囲気が演出できます。劣化が進んでいてクリア塗装ができない外壁でも、こちらの目地出し塗装であれば対応可能です。

目地出し塗装は、まず目地部分の色で全体を3回塗ったあと、短毛ローラーでタイル部分のみ塗り分けていきます。単純に塗る回数が多いだけでなく、細かい部分まで慎重な作業が必要です。通常の単色塗装の1.5〜2倍の時間はかかりますが、外壁サイディングのデザインの良さをしっかりと活かせる塗装になります。

【4】多彩仕上げ塗装

一色でベタ塗りするのは物足りない、しかしクリア塗装をするには劣化が進みすぎている…そんなときにおすすめなのが、複数の色を重ねる多彩仕上げ塗装です。特殊なローラーを使って2色3色と塗り重ねていくことで、タイルや石のような風合いを再現できます。

多彩仕上げ塗装も、通常の単色塗りに比べて手間のかかる塗装です。そのぶん見積り金額も上がりますが、塗装後10年間の満足感を考えると決して高くはないと思います。高級感や立体感のある外壁にしたいという方はご相談ください。

関連記事/高級感のある外壁に!多彩模様塗料の使い方

 

まとめ​

最もコストが抑えられてスタンダードな塗装は、単色で塗る方法です。外壁材の傷みが少なく、サイディングの意匠を残したいのであればクリアコーティング塗装も視野に入ってくるでしょう。サイディングの色褪せやひび割れが気になる場合でも、目地出し塗装や多彩仕上げ塗装なら意匠性をアップさせることができますよ。

 

仕上がりの好みもありますが、どの塗装方法が向いているかはプロの適格なアドバイスが必要です。お客様のご要望をうかがったうえで、外壁材の状態を見ながらベストな塗装方法をご提案させていただきます。

Copyright © 2021 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.