HOME > お役立ち記事 > 外壁塗装 > ALC外壁の弱点はコーキング!10年前後で補修が必要な理由とは?

ALC外壁の弱点はコーキング!10年前後で補修が必要な理由とは?

「ALC外壁は50年以上もつ」そんな話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ALC外壁は初期費用は高い分、とても長持ちする外壁材として知られています。

 

しかしALCがそれだけ長持ちするのは、正しいメンテナンスを行った場合です。特につなぎ目のコーキングは弱点になりやすく、約10年スパンを目安に補修をしなければなりません。

 

今回はALC外壁のコーキングが弱点になりやすい理由や、正しいメンテナンス方法についてお伝えしたいと思います。

 

ALC外壁ってどんなもの?

ALCは、このような外壁です。

 

 

パッと見た目はモルタル外壁のようにも見えますが、モルタルを塗りつけた外壁とは違って「目地」がありますよね。

 

ALCは「軽量気泡コンクリート」をパネル状にした外壁材です。パネルを一枚一枚並べて固定して、つなぎ目にはコーキング材を充填してあります。

 

ALC外壁のメリット

ALC外壁の特徴は、その名の通り軽量なこと。内部に気泡をたっぷりと含むことで、一般的なコンクリートの重量の1/4ほどと、とても軽くなっています。軽量だと家への負担が少ないので、耐震性の高さにもつながります。

 

その他のメリットとしては、コンクリートなので火事にも強いこと。そして内部の気泡が空気層をつくっているので騒音を吸収し、夏の暑さも室内へ伝えにくくします。

 

ビルやマンションなど比較的大きな建物で使われることが多いですが、大手メーカーを中心に戸建て住宅でも採用されています。

 

ALC外壁の最大の敵は「水」です!

一見メリットばかりにも感じるALCですが、忘れてはいけないデメリットがあります。それは「ALC自体に防水性能がほとんどない」ということです。

 

コンクリートに細かな穴がたくさん空いた多孔質…簡単に言うとスポンジのようなつくりなので、そのままだとぐんぐん雨水を吸ってしまいます。

 

ALCパネルが雨水を吸うとどうなる?

ALCパネルが雨水を吸ったとき、特に問題になるのが、内部に補強のために組み込まれている鉄筋やラス網といった金属類です。もちろん防錆加工はされているのですが、何度も雨水にさらされると錆びてしまうことがあります。

 

鉄が錆びると体積が増えるので、内側からコンクリートが押し出されます。これが「爆裂」という現象で、パネルが剥がれたり欠損したりする原因の一つです。

 

特に目地のコーキングが弱点になりやすい

特にALCが水を吸いやすい部分=弱点となるのが、目地のコーキングです。

 

ALCはサイディングの2倍くらいの厚さがあるので、目地に充填されているコーキングの量もとても多いんです。コーキングの量が足りなかったり、経年劣化で肉痩せして大きな穴が開いてしまったりすると、そこから水が入りやすくなります。

 

 

そしてALC外壁は、サイディングに比べてパネル一枚一枚が小さいです。

パネルが小さい=つなぎ目が増えるということ!つなぎ目が増えれば増えるほど、雨漏りリスクは高くなります。ここをしっかり埋めておくことが、雨水から守るうえでとても大切なんです。

 

 

ALC外壁は定期的にメンテナンスを!

ALC外壁の防水性能の要になっているのが、「パネルつなぎ目のコーキング」と「表面の塗装」の2つです。

定期的にコーキングを補修して、つなぎ目から雨水が入らないように。その後、コーキングも含めて外壁全体に塗装をして防水性を付加します。

 

メンテナンス時期の目安としては築10年くらい。コーキングは10年前後でひび割れ・肉痩せが起きてくるため、増し打ちもしくは打ち直しを行います。

 

コーキング劣化の段階としては…

➀コーキングの弾力性がなくなってくる

②コーキングの表面にひび割れ・肉痩せがでてくる

③コーキングの後ろにあるバックアップ材が見えてくる

 

もちろん場合によっては、10年より早く劣化してしまうケースもあります。もし上記のような気になる症状があれば、いちど見せていただければと思います。

Copyright © 2021 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.