横浜市・川崎市の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、日本塗装工業会会員 / 神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > 新着情報 > お役立ち記事 > コロニアル屋根塗装は下地処理で決まります!

コロニアル屋根塗装は下地処理で決まります!

屋根コロニアル・下地処理の重要性

劣化している屋根の状態とは

屋根はさえぎる物がなく、常に紫外線を浴び、雨も降れば降り続く限り雨水を浴びています、傷みも早く同じ年数の屋根と外壁では屋根の方が傷んでいるケースは明らかに多いです。

特に新築時から、または塗り替えから10年以上経過している屋根は塗装の塗膜も密着不良を起こし剥がれます、塗膜劣化により粉上になってしまい防水効果もなくなります。屋根を塗装する前、1番始めに行うことは高圧洗浄で劣化して剥がれた塗膜、粉上になっている塗膜やコケなどを完全に除去しなければいけません。高圧洗浄での除去が中途半端だとそのあとに塗装をしても、スレートに浮いてのこっている塗膜やホコリの上に新たに塗装をすることになるので、密着不良を起こしすぐに剥がれてしまいます。ではそうならないためにどのように作業工程を進めて行くべきか、マイスターホームで塗装工事を行った1件の屋根を参考にしてください。

15年経過したコロニアル屋根

写真は15年経過したコロニアル屋根になります。写真を見る限りで傷んでいるのがお分かりになりますか、一見黒い色が薄くなり残っているようにも見えますがこれは全て粉上なって浮いている塗膜とホコリになります。実際にどの程度劣化しているのか確認してみましょう。

サンドペーパーで擦った写真

現地調査の際にサンドペーパーで擦った写真になります、見てお分かりの通り少し擦っただけでスレート表面にある粉上の塗膜は簡単に取れてしまいます。この白くなっている状態で塗膜やコケや汚れは完全にとれているわけではありません。まだ細かな塗膜やホコリも沢山残っています、仮に擦った箇所の白くなっている部分に塗装をしても浮いている塗膜やホコリの上から塗装をすることになりすぐに密着不良で剥がれてしまいます。まだ細かなすき間にも沢山入り込んでいるからです。

旧塗膜や汚れを完全に除去するには高圧洗浄を念入りに行う必要があります。

高圧洗浄により浮き塗膜、汚れを完全除去

汚れ(粉上の塗膜・コケ・ホコリ等)を完全に除去するには、単に表面の汚れを取るのではなく、細かな溝やすき間に入り込んだ汚れを取り除かなければ意味はありません。完全に除去する為には洗浄機の水圧を全開にして屋根から10㎝位まで洗浄ガンのノズルを近づけてゆっくりゆっくりと洗浄ガンを横、縦に動かして取り除く作業を行います。一般住宅30坪70㎡前後の屋根を高圧洗浄に掛かる時間は痛み具合により異なりますが写真のように傷んでいる屋根では5~6時間掛かります

高圧洗浄中

仮に見せかけだけの適当な高圧洗浄を行った場合には、1~2年で剥がれてしまうことになります。一見ただ洗うだけの作業に見える高圧洗浄も、実は重要な下地処理になります。

スレートの傷み、劣化も激しかったので表面の旧塗膜は全てなくなり真っ白になりました。10年前後の屋根では劣化はここまで進行していないので、塗膜もまだ少し残っています。写真のように真っ白にはなりません。

※屋根は傷み始め、まだ劣化の少ない10年前後で塗装した方が長持ちします。

スレートの下地がむき出しになっている状態とは、当然防水効果もなく雨水は常に染み込んでいることになるので更に劣化の進行を早め、屋根材に反りや割れを発生させることが雨漏りの大きな原因になります。

スレート、ひび割れの補修方法

高圧洗浄作業で下地処理の第一段階はクリアしたことになります。続いてスレートにひび割れている箇所がないか確認を行います。屋根により異なる物の傷みの激しいスレートほど破損個所やひび割れは多いです。その中でよくあるケースの劣化状態と対処方法を説明します。

欠けているスレート         

劣化したスレートは突風などによりスレートが動いたときに割れて欠けてしまいます。欠けてしまうのは1枚90㎝のスレートの角が一番多いです。割れて取れているスレートがそのまま残っている場合は、強力な接着材を使い元の場所に接着します。接着後に割れ部のすき間はシーリングで埋めます、このように補修を行うことにより復旧が可能になります。

欠けたスレートの補修

欠けなくなったスレート

割れたスレートが下に落ちなくなった場合にはその部分全てを補修します。正し割れ落ちたスレートの面積が大きい場合には在庫で保管してあるスレートをカットして補充します。

欠けてなくなったスレート

スレートのひび割れ

ひび割れている箇所の補修では、ひび割れの太さを確認し幅が細く割れている場合には屋根専用の強度に強い接着材タスマジックで割れ部を埋める補修作業を行います。

細いひび割れの補修

タスマジック

幅の太い1㎜前後のひび割れにはシーリング材による補修作業を行います。

シーリング材による補修

スレートのひび割れは同じ年数、同じ痛み具合でもお家の屋根により違います。10年経過している屋根でひび割れのない屋根はほとんど有りません。
その中でもひび割れの多い、少ないはあります。

スレートにひび割れが多い、少ないはメーカーの違い・材質の違い、環境の違い
など考えられます。その違いを明確に特定することは難しいと思われます。

棟押えトタンの確認

コロニアル屋根には周りを囲うように棟押えトタン・谷トタン・ケラバトタンなどあります、棟押えトタンの中には貫板(木材)があり上にトタンを被せ釘打ちで固定しています。貫板が雨水の侵入により腐ってしまうと本来屋根に固定されている貫板は浮いてしまい、強風などでトタンごと屋根から外れて飛んでしまうこともあります。

このような状況を防ぐためにも、トタンの浮いている場所はないかを確認することが必要です。スレートとトタンの間には基本すき間はあります。そのすき間が大幅に開いている場合などは貫板が浮いている、または貫板の腐食でトタンを固定している釘が緩んでしまう、取れてしまっているなどが考えられます。

写真のように大幅な浮きがある棟押えトタンを確認した場合には交換することをお勧めします。仮設足場を組み屋根を塗装しても、その後台風などで屋根のトタンが飛んでしまっては意味が有りません。

先にお話したように屋根を囲うトタンは釘で固定されています、トタンの中にある貫板が腐食していなくても長い年月の間にはトタン自体が動くこともあり打ち込んだ釘も浮いてきます。浮いて出てきている釘は抜き、現在より少し太いスクリュー釘を新たに打ち込みます。

浮き釘交換

浮き釘交換

そのあとに新しく打ち込んだ釘や元からの釘が再度出てこないよう釘の頭にシーリング材を注入します。

釘頭シーリング

トタンの釘浮きを防ぐことにより、今後トタンが外れてしまうなどの心配は無くなります。

またトタンは1枚1.8mの物を繋ぎ合わせて長くしています、その繋ぎ部からも雨水は侵入し貫板や防水シートを劣化させ、そのまま放置していると雨漏れの原因になります。劣化した繋ぎ箇所もシーリング材で塞ぐことが必要です。

繋ぎシーリング

続いて重要なのはスレートの下塗り作業です。劣化の激しい屋根は塗料の吸い込みも激しくなります。同じ年数の屋根でも劣化の具合は異なります。従って実際に塗装して見ないとどの程度スレートに塗料が吸い込んでいくのかは分かりません。そこで重要なのは下塗り密着剤のシーラー塗装になります

下塗り材、シーラーでの見極め

右側から下塗りシーラーを塗装している写真になります。塗った直後からシーラーが吸い込んでいます。なぜ下塗りシーラーを屋根に塗装する必要があるかは次に塗装する中塗り・上塗り塗料をコロニアルに密着させることが目的になります。本来スレートの表面にシーラーの塗膜は残っていなければいけません。多少の吸い込みなら問題ありませんが、この状況ではシーラーは全てスレートの下に吸い込まれてしまいコロニアルの表面にシーラーの層はほとんどありません。これではシーラー本来の密着力を発揮できず、次に塗装する中塗り・上塗りの密着性は大幅に低下します。工程通りに3回塗りを行った場合でも2~3年で塗膜が剥がれてしまいことは十分に考えられます。

シーラー下塗り

シーラーが吸い込んでしまっている状況のまま次の工程である中塗り塗装をしては、屋根塗装の目的である長い年月屋根を守ることは出来ません。では屋根塗装の目的を達成する為には

再度シーラーを塗装してスレートの吸い込みを止める(下塗りシーラーを2回塗装する)

右側から下塗り材シーラー2回目の塗装中写真になります。シーラーを2回塗りすることによりスレート表面の吸い込みを大幅に止めることができます。このように濡れ色の状態ならコロニアル表面にシーラーの層があるのでつぎに塗装する中塗りとスレートを密着させることが出来ます。

シーラー下塗り2回目

吸い込みの激しい屋根材にシーラーを2回塗装することは、
密着性を高めるだけでなく仕上がりの光沢や美観にも大きく影響してきます。

写真は右半分上塗り後・下半分中塗りまでになります。シーラーを2回塗りしても中塗りまでと、上塗り後では仕上がり艶、明らかに違います。なぜならシーラーを2回塗装しても傷んだ屋根材の吸い込みを完全に止めることは出来ません。従って中塗り塗装でもスレートに塗料は少し吸い込んでしまいます。少し吸い込んでしますということは塗膜がスレート表面の下に沈んだ分、表面に残る塗膜も少なくなり、結果ツヤも引けてしまうことになります。

仮に写真の屋根を通常の工程、シーラー1回塗り・中塗り・上塗り合計3回塗り
で塗装した場合には、仕上がりにムラも多くツヤもなく、長持ちしなし屋根塗装完了になってしまいます。それで「工程通り3回塗りを行っています。」と言われても写真左側のような仕上がりでは納得できる分けありません

この仕上がりの差は年々開きます。

下塗りシーラーの重要性

屋根コロニアル、下地処理の大切さをお分かり頂けたでしょうか。このように適切な判断で対応を行うことで、塗料メーカーの基準にしている耐用年数を維持することができます。お見積書に屋根塗装3回塗りと記載してあるから3回塗りで良いということでは有りません。4回塗りしなければ屋根を適正に保護できないので有れば4回塗ることです。5回塗らなければならない場合は5回塗ることです。そうやって信頼してご依頼して頂いた方たちの屋根を守るのがマイスターホームの役目です。

屋根完了

屋根は紫外線や雨水と1年中戦っています、そして私たちが安心して過ごせる快適な空間を提供してくれます。しかし屋根も年を取れば疲れます、傷みます、新築時の新しくきれいな屋根の衣装もボロボロになります。あなたが生活する上で欠かせないお家の屋根に丈夫で長持ちするきれいな衣装を着させてあげてください。

Copyright © 2019 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.