横浜市・川崎市の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、日本塗装工業会会員 / 神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > 施工事例 > 川崎市 > 川崎市高津区 > 川崎市高津区Pビル様邸 開口部シーリング打ち替えで安心です

川崎市高津区Pビル様邸 開口部シーリング打ち替えで安心です

Pビルのオーナー様は外壁タイルの開口部シーリング劣化と配水管の劣化を気にして弊社に連絡を頂きました。現地調査の際にバルコニー天井の膨れを何ヵ所か発見したので、オーナー様にお話をして天井の爆裂補修作業も同時に行う運びとなりました。足場を組み実際に天井の爆裂確認をした所、当初の見込みよりだいぶ多く天井の膨れを発見したので全て除去し樹脂モルタルで補修を行いました。バルコニーが道路側で人の交通量も多いこともあり、天井の膨れ補修はシーリング打ち替えと同じく重要な作業となりました。オーナー様にも(これで安心出来る)と喜んで頂きました。

施工後

施工前

種別アパート・マンション
外壁バルコニー内塗装・鉄部塗装・シーリング打ち替え
屋根
その他バルコニー床 ウレタン塗膜防水 フォックスグレー

マイスターホーム 大谷です。

現在、川崎市高津区Pビルの天井やバルコニー床などを
塗装工事を行っています。現地調査のときに天井のひび割れ、
膨れを5~6箇所確認しました。仮設足場を組み実際に
確認して見ると現地調査の4倍位は工具で削ると剥がれる
箇所がありました。

天井の浮きや剥がれ、足場無しのときに確認した2倍位
10箇所前後は想定内でしたが、実際には20箇所以上膨れ
箇所を発見しました。見つけた以上は剥がれる所は全て
剥して補修を行いました。

 

膨れが発生しています。

今にも落ちてきそうです。

浮いている所を削った後です、鉄板がだいぶ錆びています。
写真はバルコニー床したの天井です、こういったケースでは
バルコニー床のどこかかから雨水侵入をしていることが多いです。

鉄板をケレンして錆止め塗装を行います。

鉄板を錆止め後、プライマーを塗布してから左官補修を行います。

天井の凸凹に合わせて模様を付けます。

天井、肌合わせ完了です。

仕上げ塗装を行い天井塗装、完了です。

 

バルコニー床を確認したと所、立上りに浮いている部分を
何ヵ所か発見したので下地調整を行い左官補修です。

  

 

現地調査のときにオーナーのS様から配水管も交換して
欲しいというご依頼ありました。

水道屋さんに頼み、4本交換してもらいました。

 

 

他にシーリング打ち替えや床塗装、屋上笠木と鉄部塗装などを行っています。
足場解体も含めあと2日で完了となります。

 

P.S

今回Pビルでのメイン工事は窓廻りなどの劣化したシーリング打ち替えでしたが
 

  

天井の膨れ、剥がれが思いのほか多かったので天井の補修もメイン工事の仲間入りしました。
天井補修もしっかり行っているのでオーナーS様も安心して頂けるでしょう。

お客さんはその建物を安心して維持するためにお金を支払います。
決してやっつけ仕事のためにお金を支払う分けではありません。
今後もより多くの方に安心を提供できるよう私たちは頑張ります!

Copyright © 2018 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.