横浜市・川崎市の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、日本塗装工業会会員 / 神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > 施工事例 > 横浜市 > 横浜市緑区 > 横浜市緑区Kクリニック様

横浜市緑区Kクリニック様

施工後

施工前

種別一戸建て
外壁日本ペイント オーデフレッシュF100Ⅲフッソ 19-80F5分艶
屋根
その他配水管・シャッター ファインフッソN90 / 勝手口ポーチ ファインフッソ グレー

マイスターホーム 大谷です。

現在横浜市緑区K医院 施工中です。

K医院は10年前に塗装工事を行っているとのことです、医院長と医院の外壁
確認をさせて頂いた際に、太いひび割れが多くありました、今回のひび割れ
対策はUカットで行うことにしました。

Uカットは工程の多い作業になります、太いひび割れの場合にはひび割れ部
をそのまま残し上から埋めるだけでは、またすぐに割れてしまう可能性も
あるので再度ひび割れを発生させない為にUカット工法での下地処理になります。

 

ひび割れ箇所 写真の他に何ヵ所もひび割れあります。

  

 

Uカットとは、ひび割れ箇所をグラインダーで深さ1センチ位
削ってしまい一度ひび割れを奥まで除去します。

プライマー塗布 溝の掃除を行った後に密着剤を塗布します。

シーリング打ち グラインダーで削って溝にシーリングを入れます。

シーリング後

左官作業 次はシーリングの上に左官を行います。

外壁に膨れも何ヵ所かあったので、ハンマーで叩き膨れ箇所の除去を行います。

  

そして左官補修です。

  

最後にUカット箇所・爆裂箇所を吹き付けによる肌合わせ、
ヘッドカットを行い外壁ひび割れ、爆裂箇所の下地処理は完了になります。

 

  

塗装工事のメインである塗ることも大事ですが、塗る前の作業を怠っては

せっかくの外壁塗装も台無しになるので、必要な下地処理をしっかり行う

ことは塗装工事のポイントになります。

 

P.S

今日は◯◯様邸にお伺いさせて頂きました。

お話をさせて頂く中で奥さんの言葉から

「旦那が私にステキな家をプレゼントしてくれたのだから………」

奥さんの何気なく言った一言に私はジーンときてしまいました。

心ある言葉は他の人にも影響を与えるものですね。

その後、私はほっこりした気分でいられます。

何気ない言葉でふと考えると、私は物事を良くも悪くもはっきりと

言ってしまうので、オブラートに包むことが苦手です。

その為人に不快感を与えることも多いのではないかと思いまた反省です。

奥さんの一言を考えていたら、なぜか私のダメ出しになってしまいました💦

マイスターホーム 大谷です。

横浜市緑区K医院は外壁フッソ塗料での施工になります。
フッソ塗料は高耐久性で耐用年数16年~18年と長い間
外壁を守ってくれます。外壁に合わせ目地のシーリング
もフッソ塗料に合わせ耐用年数20年のオートンイクシード
による打ち替えを行いました。

  

  

医院には患者さんも診察に来るので、塗料は臭いの少ない水性フッソでの塗装です。

下塗り パーフェクトフィーラー      中塗り・オーデフレッシュF100Ⅲ中塗り

  

上塗り・オーデフレッシュF100Ⅲ上塗り

  

  

使用塗料 下塗りパーファクトフィーラー  中塗り・上塗りオーデフレッシュF100Ⅲ(フッソ)

  

現在は付帯部を塗装中です。

P.S

外壁上塗りの写真を見て分かるように、日の当たり具合や影の有る無し

により色も濃く見えたり薄く見えたりします。外壁の色を決める際には

写真や画像で決めないことをお勧めします。イメージ位ですね。

色は塗板で決定する方が間違いないです。

Copyright © 2018 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.