横浜市・川崎市の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、日本塗装工業会会員 / 神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > 施工事例 > 東京都 > 世田谷区 > 東京都世田谷区U様邸 フラットサイディングは職人の腕が重要です

東京都世田谷区U様邸 フラットサイディングは職人の腕が重要です

施工後

施工前

 
種別一戸建て
外壁日本ペイントパーフェクトトップ 45-60D濃
屋根
その他破風板・雨樋・バルコニー周り鉄骨・玄関ポーチ セラMシリコンⅢ45-30D /

 

マイスターホーム 大谷です。

東京都世田谷区U様邸、施工中です。

U様邸は10年前に外壁塗装工事を行ったとのことですが
日当たりも良く痛んでいる状態でした。

現地調査をさせて頂き確認した所、前に塗装した業者の
塗料のダレはあちらこちらにありました。

 

  

外壁はサイディング壁のフラットになります。
フラットの壁はとてもダレやすいので注意をして
塗装しないと写真の用に塗装時にダレを発生させてしまいます。

技術力のある職人でも少ないですが外壁塗装時、溝などに溜まった
塗料ダレてしまうことはあります。ダレを発生しやすい外壁を塗装する
ポイントは塗装した壁を塗料乾く前に戻り確認することが重要です。

技術力+確認を行うことでダレを出さず見た目もキレイに塗装する
ことを可能にします。

 

フラットサイディング・ダレない塗装方法

フラットのサイディング壁で1番注意しなければいけないのは、
20㎝間隔にある横溝からの塗料ダレです。ローラーでも塗装出来ますが
ローラーだと溝にたっぷりと塗料付いてしまい、塗装直後は平気でも
後から溝にたっぷり付いた塗料ダレてきます。

ダレないようにする為に溝はローラーで塗装せず、ハケで塗装を行います。

 

  

溝をローラーで塗装するよりは時間も掛かります。

中塗りも同じように横溝は全てハケで塗装を行います。

ハケ塗装だからダレないということではないので、
ダレないよう塗ることに注意は必要です。

20㎝間隔の溝に下塗り・中塗り・上塗りと全てハケ塗装を
することは一般の外壁を塗装する2倍以上の時間が掛かります。

このように細かく丁寧な作業をすることにより、
見た目の良い仕上がりになります。

U様邸 下塗り 日本ペイント パーフェクトサーフ 上塗り 日本ペイント パーフェクトトップ

仕様材料・写真 

現在は外壁上塗り作業中です。

 

 

P.S

U様邸近くにはトトロのシュークリーム店があり、

責任者の職人が昨日シュークリームを買ってきてくれました。

家で食べたのですが、見た目も可愛く、シュークリームたっぷりで

とても美味しかったです。

私たちおじさんは知らなかったのですが有名店なんですね????

分かりにくい場所にお店あるにも関わらず、最寄り駅から歩いて連日多くの人

シュークリームを買いに来ています。

人にウケる物、美味しい物、良い物を提供するお店に場所は関係ないんだな~

と改めて実感しました。

Copyright © 2019 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.