横浜市・川崎市の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、日本塗装工業会会員 / 神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > 施工事例 > 横浜市 > 横浜市青葉区 > 横浜市青葉区W様邸 目地打ち替え・屋根はカバー工法で工事しました

横浜市青葉区W様邸 目地打ち替え・屋根はカバー工法で工事しました

施工後

施工前

種別一戸建て
外壁日本ペイントパーフェクトトップ 17-80F
屋根リッジウェイ デュアルブラウン カバー工事
その他破風板・水切り セラМシリコンN-90/庇 黒 /シャッターボックス 現状色

こんばんは 大谷です。

横浜市青葉区 W様邸 着工です。

W様は外壁の目地シーリングの劣化を気になりご連絡頂きました。

塗装工事させて頂くことになり、目地の打ち替えからの作業になります。

外壁・付帯部・ガレージ床等  高圧洗浄

 

 

縦目地 既存シーリング撤去              撤去後

 

縦目地 プライマー塗布             新規シーリング打ち

 

ヘラ押え

 

シーリング材 変性シリコン・ノンブリード

 

塗り替え直後のお家で、目地シーリングを交換してないお家を見ることがあります。

痩せてしまっているままの状態で上から塗装をしているので見ればわかります。

劣化しているシーリングはカチカチで伸縮性は0です。

サイディング壁は動くので、シーリングの伸縮性はポイントになります。

せっかく塗装工事を行ってこれで安心だと思っていても

目地を交換していないと1年もたたないうちにすき間が出来ることもあります。

保護塗装工事、意味のある塗り替えで長持ちを!

Copyright © 2018 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.