神奈川県横浜市・川崎市の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > 外壁塗装 > 外壁塗装 川崎市多摩区 下地調整、見つけたらすぐやること

外壁塗装 川崎市多摩区 下地調整、見つけたらすぐやること

 

マイスターホーム 大谷です。

H様邸は高圧洗浄後、シーリングのうち替え作業からになります。
サイディング壁の家は目地や開口部にシーリングしてあります。
ゴムみたいな物です、劣化することにより硬くなりひび割れや
痩せを起こします。サイディングのつなぎ部をふさいでいる
シーリングが劣化することにより雨水を壁の中に侵入させて
しまいます。劣化具合にもよりますが10年たっていればシーリング
の打ち替えは必要になります。

 

既存のシーリングを撤去します。

  

  

 

シーリング撤去後にプライマーを塗布します。プライマーを塗布することにより
サイディングにシーリング材をより密着させます。

  

        

新規シーリング打ち                   ヘラ押え

  

ここまでの作業で縦目地・開口部のシーリング打ち替えは完了です。

  

 

H様邸には1Fと2Fの間に4面水切りがあります。水切りのつなぎの重ね部にも
シーリングを行います。

  

水切りのつなぎ箇所の下はモルタルなので一見雨水が入っても大丈夫に見えます、
ですが水切りのすき間から入った雨水は中に溜まってしまうことになり、水切りと
モルタルの間に雨水溜まるので、空気に触れることも少なく中々蒸発しないこと
になります。いつまでも雨水溜まっていることはモルタルの腐食させます。

水切り・笠木等のつなぎ部のすき間を埋める作業を怠ると、後に外壁や躯体を腐食させ
雨漏りの原因になることは多くあるので注意が必要です。

  

写真の箇所以外にも足場を組み確認すると、始めに気がつかなかった箇所の
ひび割れやすき間などあります。そのような箇所は見つけたらすぐ補修する
ことで塗装後の外壁全体が守られることになります。

 

屋根塗装 完了

 

外壁・付帯部 塗装完了

現在、塗る作業は終わり最後に確認作業(塗り残しがないかやサッシ周りに塗料付いて
いないかなど)を朝から1日掛けて行い、全ての塗装作業完了になります。

 

P.S

私も作業していた頃は塗装の際に、道具を入れる腰袋に養生を直すマスカーやテープ

ひび割れやすき間を見落としたときの為の補修材などを入れていたので腰袋はパンパン

で、けしてスマートとは言えない恰好で作業をしていました。人の行う作業には見落とし

も必ずあります、1回目の見落としを2回目で対処することを繰り返し行うことで良い

仕上がりに近づけることを可能にします。

 

 

 

 

Copyright © 2018 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.