神奈川県横浜市・川崎市の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > 外壁塗装 > 外壁塗装 川崎市高津区 Sハイツ シーリング1、2の3は……

外壁塗装 川崎市高津区 Sハイツ シーリング1、2の3は……

マイスターホーム 大谷です。

 

川崎市高津区のSハイツ、縦目地の劣化をオーナー様

は気にかけており、今回の塗装工事をさせて頂くことになりました。

 

高圧洗浄後に既存シーリング撤去、プライマー塗布作業です。

  

 

シーリング打ち、変性シリコン・ノンブリード       ヘラ押え

  

 

縦目地・開口部 シーリング後

  

これで下地調整、シーリング完了ではありません。

他にもシーリング補修をしなければいけない場所はあるのです。

軒天にもつなぎや破風板との取り合い箇所、赤線箇所
開きやすき間等有る場合には全て埋める作業を行います。

 

下の写真はシーリング補修後になります。
このように開いた所は埋める作業を行っています。
天井だからと言って、必ず安全という分けではありません。
台風など雨風の強い日には吹き込んだ雨水も躯体に侵入して
しまうこともあります。長い月日で考えた場合に
躯体を腐食させてしまう可能性もあります。

天井だから大丈夫だろうではなく、開いた箇所やすき間は埋めること
を徹底しています。埋めることにより万一の心配もなくなります。

 

軒天・天井、開き等を埋めた後に塗装を行います。

 

破風板のつなぎ箇所もシーリング劣化していたので4面全て新規シーリングを行います。

  

 

出窓天端の写真になります、天端は壁際だけでなく窓廻りにもシーリングしてあります。
よく有り勝ちなのは壁際だけシーリングして窓上はそのままにしてしまうことです。

 

黒線は壁際のシーリング後になります。赤線の部分も劣化しているので
当然シーリング打ちを行わなければいけません。

出窓天端、シーリング後

 

下地調整はメインの場所だけではなく、細かな所まで確認し補修を行わなければ
保護をする目的から外れてしまいます。箇所ではなく全体に行うことに意味はあります。

 

下地調整後、下塗り・中塗り・上塗りを行います。

外壁下塗り パーフェクトサーフ        外壁中塗り パーフェクトトップ

  

外壁上塗り パーフェクトトップ

外壁上塗り パーフェクトトップ

外壁上塗り パーフェクトトップ

外壁上塗り パーフェクトトップ

下地調整をしっかり行い、適正な塗装を行えば家は長持ちします。

持ち家なら安心して住めます、アパートや貸家なら安心して貸せます。

そこが一番大事です。

 

P.S

Sハイツ、オーナー様も遠くから確認に来て頂き
ありがとうございます。

喜んで頂いたので良かったです。

 

 

 

Copyright © 2018 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.