神奈川県横浜市・川崎市の外壁塗装なら株式会社マイスターホームへ!!

神奈川県知事許可(般-24)第78740号、神奈川県塗装協会会員 / 川崎市塗装協会会員、一級建築塗装技能士 / 全国住宅外壁診断士協会認定

0120-78-0074
HOME > 外壁塗装 > 横浜市都筑区Kハイム外壁塗装施工中

横浜市都筑区Kハイム外壁塗装施工中

マイスターホーム 大谷です。

 

横浜市都筑区 Kハイム 外壁塗装施工中です。

 

 

 

築15年、屋根はコケに覆われています。

 

 

 

屋根 高圧洗浄 

2件分位の屋根高圧洗浄なので、屋根のみで1日掛かりました。
(コケ多く痛んでいる屋根は時間掛かります。)

 

 

屋根 高圧洗浄後

真っ白になりました、高圧洗浄後に写真のようになるということ
スレートを保護する塗膜はゼロになります。常に雨水を浸透させ
スレートの劣化を早め、ひび割れや雨漏れの原因になります。

屋根の状態悪ければ、新しい屋根にしなければいけないこともあり
その場合屋根塗装の4~6倍の費用掛かることになり、負担も大幅に増します。
屋根も10年前後で塗装することにより30年持たせることを可能にします。

例 屋根70㎡ 10年後 屋根塗装25万円 20年後 屋根塗装25万円 新築時から30年で合計50万円

例 屋根70㎡ 20年後 屋根増し葺き工事 80万円 新築時から30年で合計80万円

とおおよそ30万円の差額になります。差額だけで済めばよいですが、
雨漏りの可能性や屋根躯体の腐食などの危険性も高くなることになります。

 

 

屋根塗装 下塗り 1液ベストシーラー塗布

 

屋根塗装 タスペーサー差し込み 1,200個位差し込み

 

トタン部 錆止め 黒色

 

破風板 つなぎ箇所 すき間シーリング

下写真つなぎ箇所も劣化によりすき間を発生させます。このようなすき間箇所は
塗装で埋まる幅ではないので塗装前に全て埋める作業を行います。

細いすき間になりますが、雨水は侵入していきジワジワと屋根裏を腐らせる
ことになるのでどの個所も、小さなすき間も埋める作業を行ってから
塗装することが大前提になります。

 

 

 

破風板 腐食箇所 補修

同じくパテやシーリングなどで補修してから塗装です。
腐食箇所にそのまま塗装を行っても吸い込んでしまうので防水効果はありません。

下地調整をしっかり行いうことで塗膜の性能を発揮することに結びつきます。

 

軒天・破風板取り合い部 

4面開いていた為、1周全てシーリングです。

 

 

外壁の色はオーナー様と打ち合わせの際、入居されている方々も若いということもあり

現在より明るい色を提案しました。派手な色は控えたいとのご要望もありましたので

少し明るめにし、入隅で3区画に分けることも可能な為、外壁は3色での塗装工事になります。

 

塗装前写真↓  赤線で色分け3色外壁塗装

 

外壁塗装 区画1 下塗り後 中塗り 薄いブルー

 

外壁塗装 区画2 下塗り後 中塗り ブルー

 

外壁塗装 区画3 下塗り後 中塗り 濃いブルー

色のトーンバランスは良いと思うので、完成が楽しみです。

 

P.S

普段目にする色彩は、私たちに何らかの影響を与えているみたいです。

きれいな景色を見ると気分も良くなるなど、納得できます。

そう考えると、もしカラスの色もピンクや黄色だったなら

カラスの生き方や扱いも変わっていたのかもしれませんね。笑

 

 

 

 

Copyright © 2018 MAISTERHOME YOKOHAMA All rights Reserved.