こんばんは 大谷です。

外壁塗装を行う前には、下準備が必要です。
高圧洗浄を行った後に、窓・床・その他外壁以外の場所
の養生作業を行ってから外壁の塗装になります。
養生とは塗装する箇所以外を汚さないようにビニールなどを張る作業です。

外壁をローラーでコロコロすれば、細かな霧状の塗料が下に落ちます。

ハケで破風板や雨樋を塗装しても下に必ず塗料を落とします。

手を滑らせたりして塗料を大量にこぼすことも時にはあります。

 

なので養生は多くする必要があります。

養生後の写真です。

養生は時間の掛かる作業なので、多くすることにより
それだけ多くの時間かかります。

でも、汚さないことを考え多く、余分にビニールを張ります。

何種類かのテープやマスカーという、ビニールとテープのくっついている

物を箱買いするのですが、なくなるの早いです。

私の見た限り、他店より多く使っていることも間違いないでしょう。

多く使う、そんなことは気にせず養生を徹底してます。

 

どんなに多く養生をしても、人の出入りや風などで

ビニール破けたりするので、全く汚さないということはありません。

汚すことゼロにはできませんが、ゼロに近づけることはできます。

もちろん最後にぐるぐる周り、掃除をします。

塗装工事で、養生は完全な脇役です。

塗装が終われば全部はがしてゴミになります。

その脇役が、しっかりメインの塗装をサポートすることにより

より良い仕上がりに結びつくのです。

そのことを知っている私たちは、今後も養生を徹底して行います。