マイスターホーム 大谷です。

今年は現在までに雨が多かったらしく
関東のダム、貯水量は全体で90%以上とのことです。
(雨、多かったんですね、あまり実感がなかったです。)

とはいえダムの貯水量はほぼ満タンなので
しばらくは水不足の心配はなさそうです。
水不足の心配がなければ、空梅雨でも問題はありません。

 ということで、私はかってに今年も空梅雨だと
思っています。去年も空梅雨でしたので
2年連続を期待してます!

(梅雨でなくても結構雨は降っているんですよ。)

 

 

横浜市都筑区 S様邸 断熱セラミックガイナで施工中です。

外壁・屋根 高圧洗浄

屋根 高圧洗浄後
屋根の劣化も進み、塗膜のない状態になります。

軒天 ジョイント部 すき間シーリング打ち

屋根トタン部、錆止め後
下塗り シーラー塗布 浸透が激しかったのでシーラーを2回塗りしています。

タスペーサー差し込み            差し込み後

屋根 中塗り・上塗り 断熱セラミックガイナ

現在上塗り途中です、塗料足りなくなったので1缶追加注文をしています。
どんなに高い塗料でも、足りるように塗ろうなどは致しません。
ガイナの性能を生かすには適正な塗膜をつくることが大事です。
(どの塗料でも同じことが言えます)

外壁下塗り パーフェクトフィーラー

外壁中塗り 断熱セラミックガイナ

外壁上塗り途中 断熱セラミックガイナ

外壁も吸い込み激しく、塗料足らなかったので1缶、追加注文しています。

始めに塗料を少なく頼んだのではないですよ。
ガイナは屋根2缶・外壁5缶、合計7缶で頼んでます。
㎡で計算しても一般だと余る量です。

破風板 つなぎ部劣化            シーリング打ち

破風板 釘周り劣化            シーリング打ち

破風板 つなぎ部・釘周り  シーリング補修後

塗装は塗るだけではありません、しっかり下地の補修を行い
塗装することにより長持ちさせることが出来るのです。

現在、屋根・外壁の追加塗料がまだ入っていないので

破風板等の付帯部塗装を行ってます。