マイスターホーム 大谷です。

先日、外壁塗装の保証についてお家の方とお話していると

対応年数10年の塗料で10年保証をする所もある、という

お話をお聞きしました? (対応年数10年塗料では弊社7年保証です)

対応年数10年いうことは、10年後には外壁塗装をしなければ

いけません。太陽光等により劣化するからです。

対応年数10年の塗料は→外壁の保護10年が寿命ですよ

と言っているのです。でも10年保証するのですか???

仮に家電、洗濯機の場合は平均寿命8年と言われています。

洗濯機、最長5年保証が一般的です。

それも延長保証料を支払い保証期間を延ばすケースが多いはずです。

まともに考えて、8年寿命で8年保証出来ることなどありません。

だから洗濯機も最長5年保証になるのです。

家電にも当たり・外れはあります、なので平均寿命となります。

 

私が思うに塗装工事の場合

当たり・普通・外れ・外れ・外れになります。

耐用年数10年と言われているシリコン塗料等は

しっかり、適正に塗装工事を行い、塗膜10年の寿命です。

塗装から8年目以降は劣化の進行も早くなります。

塗装工事、何に対して10年保証なのか聞いてみたいです。

 

保証年数を何年にするかは自由です。

保証期間中、責任を持ち対応してくれればなんの問題もありません。

しかし無理をして大きく出る会社に限って10年後にはない、

連絡がとれない、連絡とれてものらりくらりと交わされる、

といったケース非常に多いです。

私は過剰な保証や過剰なサービスを行うという所は

塗装工事に関わらず、全て信用していません。

あなたはどう思われますか?

 

P.S

少し調べてみたのですが、企業して10年後の企業生存率は

5%とか7%と色々でした、多く見積もっても

100社企業して、10年後には10社位しか残ってないことになります。

2014年の経済白書では、年平均廃業企業数は260,177社です

このデータを見たら、10年後の企業生存率5%も本当なのでは。

ゾッとします。