こんにちは

今日も午後から雨予報

作業は午前中で終了しています。

良く塗装に良い時期はと聞かれますが、基本ルールを守って塗装工事を行えばオールシーズン問題ないのです。

 は気温低いので乾燥時間が夏に比べ1時間~2時間多めに必要になります。塗装した塗料が乾くまで他の作業を行い完全に乾いてから塗装を行えば良いのです。

梅雨 雨、多いイメージが強いですが、雨の日は作業お休みになるので日程長くなることもありますが、全く問題ないのです。今年は空梅雨で8月半ば~現在までの方が何倍も雨が降っています、雨の多い時期もその年により異なります。過剰に梅雨を意識しなくても大丈夫です。

8月 気温30度以上の日が続きます。塗装してはいけない気温は45度以上-5度以下になります。東京・神奈川で夏暑い日で35度前後です。暑い日に塗装を行うと何かおかしなことになるのでは?とお思いの方も多いのですが実際はなんの問題もなく、例えば熱で塗料が変色するなどということは今まで一度もありません。5年後も同じです。お家の方も工事中エアコンを使えるのでいつもと同じ生活です。

9月 台風シーズンになります、東京・神奈川に台風が通過する恐れがある場合は足場のメッシュシートを絞ることを行います。ネットを絞ってしまえば風が抜けるので足場が倒れるなどといったことはまずありません。特に一般住宅は2F・3Fになるのでちゃんと対策をすれば何の心配もないのです。台風、関東に上陸しても1日で通り過ぎるので実際作業は順調に進むことが多いです。ネットを絞る・戻すことに時間が掛かることが難点になります。

結果、どの時期でもルールを守り塗装工事を行えば何の問題もないです。

 

8月、良く私が通る道路沿いのお家を他業者さんが塗装工事していました。

3日間、日中小雨が降ったり止んだりの日が続いたのですが

弊社は3日間作業お休み、または半日作業でほとんど工事出来ませんでした。

所がその道路沿いのお家は3日間朝~夕方まで作業を行っていたのです。

雨でも高圧洗浄や養生剥しなどの作業出来る箇所ありますが、1日あれば十分です。

無理をして作業を行っていたのだと私は思います。

完了を急ぐ業者も多いのは事実です。

外部の塗装工事、時期を気にするのもわかりますが、ルールを守れば問題ありません。

それよりルールを守って塗装工事を行う業者を選ぶことの方がよほど重要になります。