こんばんは 大谷です。

日進産業 断熱セラミックガイナ

ガイナは夏の暑さや冬の寒さに対応し、更に防音やにおいにも対応できる

優れた塗料になります。弊社でも年々ガイナでの塗装工事が増えています。

郷ひろみさん、葉山のお家もガイナで塗装したようです。

 

東京都世田谷区 A様邸

開口部・他 新規シーリング

 

笠木 釘の頭や、繋ぎ箇所の隙間を全て埋めました。

実際に写真の箇所から水がじわじわと入り雨漏りの原因になることもあります。

笠木・外壁取り合い部  ↓

下の隙間に台風などの雨風の強いときに、雨水が巻き込み侵入して

雨漏りするケースもあります。本来は構造上、雨水が中に侵入しないように

出来ているのですが、一度雨漏りしたことのあるお家では

可能性のある箇所全て隙間を埋めることが大事です。

 

笠木・外壁取り合い部 シーリング後

外壁 下塗り後 中塗り 断熱セラミックガイナ

外壁 上塗り 断熱セラミックガイナ

上塗り

 

 

上塗り

屋根 上塗り 断熱セラミックガイナ

トップライト・ガラス廻り シーリング

ガラス廻りのシーリングも屋根と同じく劣化しているので放っておくと劣化した箇所から雨水が侵入します。必ず再度シーリングしなくてはいけない場所になります。

 

シーリング後 これで安心です。

正面タイル

素敵なタイルなのですが、密着等弱くなり今後落ちてくる可能性もあります。

A様からコンクリート調のサイディングボードにしたいとご要望があったのでサイディングボードを張ることになりました。

 

既存タイル撤去

 

タイルを剥していると腐食している箇所がありました、

A様の判断は正解でした、出窓廻りはRになっているのでラスカットも薄く7㎜程度しかなくタイルがいつ落ちてもおかしくない状態でした。

 

腐食、破損部 ラスカット張り

今後の作業は左官屋さん、部分左官補修を行った後にRの部分このままでは強度が弱いので新たにまげ合板を上から張り、透湿防水シート張り後にサイディングボードを張る作業です。最後に弊社の職人が目地のシーリングを行い完了予定となります。

やはりどの作業・工事でも下地は重要になります。